アコム

アコムの金利ゼロサービスを他社と比較しました

アコムには最大で30日の金利ゼロサービスがありますが、他社と比較した場合の違いの違いがあるのでしょうか。アコムの場合、初めてアコムを利用する人で、35日ごとの返済を設定した人だけが金利ゼロサービスを利用することが出来ます。

 

これがプロミスの場合、初めて利用する人でなおかつEメールを登録し、WEB明細を利用する手続きを踏んだ場合のみ利用が可能になります。比べた場合、アコムのほうが金利ゼロサービスを利用するためのハードルが低く、面倒な登録などが必要ないといえます。

 

レイクと比較した場合には、レイクは30日の金利ゼロと借り入れ金額のうち5万円を180日間金利ゼロで借りておくことが出来るサービスの2通りがありますから、この場合はレイクのほうがライフスタイルに合わせた金利ゼロサービスがそろっているといえるでしょう。

 

しかし30日金利ゼロだけで比較した場合には、ほとんど差が無いためレイクのほうが飛びぬけて優れたサービスだとはいえないでしょう。アイフルと比較した場合、現在アイフルは金利ゼロサービスを行っていないため、無利息でお金を借りることが出来なくなってしまいました。

 

ですから同じ金額を借りるのであれば、金利ゼロサービスがあるアコムのほうが断然お得であるといえるでしょう。

 

ノーローンと比較した場合、ノーローンの金利ゼロは一週間と非常に短いので日数だけで比較した場合にはアコムのほうが長くてお得になりますが、ノーローンの金利ゼロサービスは何度でも利用することが出来るため、それを考慮して考えた場合にはノーローンのほうが使いやすいと感じる人もいるのではないでしょうか。

アコムの返済方式を知って賢く返済

アコムでお金を借りた場合には当然ながらその分は返済しなければなりませんので、これからアコムクレジットカードを利用しようと考えている人であれば、やはり返済という部分は気になるところではないでしょうか。

 

アコムでは、ATMを利用して直接入金したり、銀行振込などといった方法で借り入れた分に対する返済をすることができますが、その返済する金額について計算する方式として、定率リボルビング方式という返済方式を採用しています。

 

消費者金融はどこも同じようなイメージがあるかもしれませんが、実は様々な部分で差別化が行われており、特にこの返済方式については各業者ごとに様々なルールがあります。

 

アコムで採用されている定率リボルビング方式は、いわゆる「リボルビング払い」の一種であり、この支払い方法はアコムをはじめとする消費者金融だけでなくクレジットカードでも採用されていることがあります。

 

このリボルビング払いの特徴は、使用した金額に関わらず毎月支払う金額を一定の金額に抑えることができるという点にあります。

 

ただし、毎月一定の金額を支払うとしてもそのうちいくらを元本に充てるか、どこまでが利息となるのかという点についてはそれぞれの業者ごとに計算方法が異なります。

 

アコムの定率リボルビング方式とは、アコムから融資を受けた金額の残高に対して毎月返済しなければならない金額が一定の掛け率で計算される方式です。

 

この方式の特徴としては、完済時に支払ったトータルの返済金額が少ないというメリットがある反面、元本に充てられる金額が少ないため完済までに長い時間を必要とするデメリットがあります。

 

こうした理由から、アコムでお金を借りた場合には、できるだけ早く返済を終えることが基本となります。

 

アコムでは毎月支払う最低金額というものが決められていますが、最高金額は特に決められていません。

 

従って、お金に余裕がある時には普段よりも多めに支払うといった方法がおすすめです。

 

リボルビング払いというものはなかなか元本が減らない特性を持っていますので、とにかく早く返済を終えてしまうことが大切です。